デリケートゾーンケア

デリケートゾーンの三大トラブル

誰にも言えないデリケートゾーンの悩み…
でも、実はたくさんの女性が同じ悩みを抱えています。
デリケートゾーンの「黒ずみ」「かゆみ」「におい」・・・。
ケア方法なんて今まで誰も教えてくれなかったし、友達にもなかなか聞けない話ですよね。

 

 

でもでも、
ないがしろにしてちゃいけないのが、
デリケートゾーンのケアなんです!

 

躍起になって石鹸でゴシゴシするのもダメなんですよ。
身体用の普通の石鹸やボディソープでデリケートゾーンを洗うなんて最もやってはいけないこと。

 

 

デリケートな部分だけに、間違ったケア方法を毎日続けていると、黒ずみやにおい、かゆみの原因に…。
今はそれほど気にならなくても、年齢を重ねていくと共に、その毎日の刺激や負担が蓄積され悪化していってしまいます。

 

 

デリケートゾーンは他の部位と同じようにケアしてはNG
黒ずみ、におい、かゆみの原因と正しいケア方法をちゃんと覚えておきましょう。

 

超恋愛体質で、スカイツリーよりも高い女子力を持つネコのニャンシーがレクチャーしていきます。

 

「下のインデックスを見て、あなたの一番気になっているところから読んでみてもいいわね。」

 

 

デリケートゾーンのかゆみが気になる デリケートゾーンの黒ずみが気になる デリケートゾーンのにおいが気になる

≫ Click

≫ Click

≫ Click

 

デリケートゾーンのかゆみ

かゆみがあると・・・
「私、異常?病気?石鹸でちゃんと洗ってるのに…」
と不安になりますよね。
実はデリケートゾーンのお悩みの中でも最も多いのがこの
「かゆみ」
なんです!

 

「え!みんな痒いの・・・?」
「涼しい顔してるけどあの娘もこの娘もホントは・・・痒いの?w」
と冗談はさておき。

 

デリケートゾーンの場合、少しの刺激や間違ったケア方法ですぐにムレたりかぶれたり、かゆみの原因になってしまうんです。
だから悩んでいる女性が多いのですね。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因

ムレ

かゆみの原因でもっとも代表的なのが汗やムレ

 

 

顔や身体とか汗をかくと目につくし、拭いたり扇いでみたり…しますよね?
デリケートゾーンだって同じように汗をかいています。
でもケアせずに全く無頓着・・・。
夏場によりかゆみが出やすいのはそのせいなんですね。
通気性の悪い下着やパンティライナー、同じ姿勢を続けることでもよりかゆみを引き起こしてしまう原因になります。

 

おりもの

おりものもデリケートゾーンのかゆみの原因となります。
デリケートゾーンの弱い皮膚におりものが付着したり、おりものが付着した下着などが接触していると、肌はダメージを受けかゆみの原因とになります。

 

アンダーヘア

アンダーヘアの次のような原因からデリケートゾーンのかゆみを引き起こします。

  • 陰毛が長すぎたり又は濃すぎることで通気性が悪くムレる。
  • 間違ったケア方法(除毛・剃毛)で皮膚を傷つけている。
  • カミソリやハサミで処理することで毛の先端が尖り、刺激になる。
  • 生理の時に陰毛に付着した経血から雑菌が繁殖し、刺激になりかぶれる。

 

 

加齢

ホルモンバランスの変化もデリケートゾーンのかゆみの原因になります。
加齢やストレスにより女性ホルモンの分泌が減少すると、腟の潤いが減りかゆみが出たり、腟炎や黒ずみを進行させる原因になります。
30代以降は特に正しいケアが必要になります。

 

生理前

生理前はホルモンバランスの変化に伴い膣内の環境が変わります。
膣内に病原菌が入りやすくなり、デリケートゾーンのかゆみの原因になります。

 

 

生理前は膣内の病原菌の繁殖を防ぐ乳酸菌が少なくなるため、通常より増殖しやすいので特に注意が必要です。

 

免疫力の低下

ストレスや病気、ホルモンバランスの変化などによって免疫力が下がることもデリケートゾーンのかゆみの原因になります。
また、間違ったケア方法、洗いすぎも注意が必要です。

 

 

デリケートゾーンを通常の石鹸やボディソープで洗いすぎてしまうと、菌をやっつけてくれる必要な常在菌まで洗い流してしまうので、菌が繁殖しやすくなり、かゆみの原因になります。

 

病気の可能性

「性感染症(STD)」もデリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。
性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のことですが、感染症は他に温泉やペットなどからも感染することがあります。
デリケートゾーンは皮膚と違ってバリア機能が弱くウイルスなどが入り込みやすい部位です。
高温多湿になりやすくウイルスが繁殖しやすいこともかゆみの原因です。

感染症の例/
性器ヘルペス・性器クラミジア・膣トリコモナス症・膣カンジダ症・毛ジラミ症 等

強いかゆみが何日も続くようなら感染症の可能性もありますので、婦人科を受診するようにしましょう。

 

デリケートゾーンのかゆみの対策

このようにかゆみの原因はわりと多岐に渡っています。
以下のことに注意してケアするようにしましょう。

  • デリケートゾーン専用の石鹸を使う。
  • ナプキンやパンティライナーはコットン100%など低刺激のものをこまめに交換する。
  • アンダーヘアの処理は適切に行う。
  • 30代以降の女性は潤い不足になりやすいのでデリケートゾーン用のクリ

    ームを塗布する。

ニャンシーからアドバイス

身体と同じ石鹸なんて絶対ダメ!
ちゃんとデリケートゾーン用の石鹸やデオドラントを使ってね!
おりものの多い時期や、分泌の多い10代〜20代前半の女性は特に気をつけて。
辛い時には我慢しないでかゆみを抑えるフェミニーナ軟膏などのお薬でケア。
ストレスはカサカサかゆかゆの原因になるから上手に発散して!

 

このページの先頭へ戻る

 

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの悩みの中でも目立つのが
「黒ずみ」について。。
黒ずみが気になるきっかけは色んなケースがあります。

  • VIO脱毛したらデリケートゾーンの黒ずみに気がついてビックリ!
  • 色が気になるけど人と見比べる訳にもいかず、異常なのか解らない
  • 年齢とともに黒ずみが進んできたかも…。
  • ズバリ!彼氏に指摘された!

などなど。

 

 

多くの女性が実はデリケートゾーンの黒ずみについては密かに悩んでいます。
黒ずみは毎日きちんとケアすればちゃんと解消、予防することが可能です。
まずは黒ずみの原因を知り、その対策法を理解するようにしましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は

黒ずみの原因はズバリ「色素沈着」です!
「そんなの知ってるわよ」って
そうですよね。

 

ではなぜ、色素が沈着して黒ずみを進行させてしまうのでしょうか?
それは皮膚が受けるストレスからです。
デリケートゾーンの黒ずみは、他の部分のシミ・そばかすと同様にメラニン色素によって進行します。
皮膚がダメージを受けると、お肌を守ろうとする作用で「メラニンを作れ!増やせ!」と指令が出ます。

 

 

そうすると過剰にメラニン色素が生成されそれが排出されずに留まり、デリケートゾーンの黒ずみとなってしまうのです。
デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いと言われていますので、普通の石鹸で洗ってはダメだし、特にダメージを受けやすく適切なケアが必要なのです。
では具体的にその皮膚が受けるストレスの原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

摩擦などの刺激

デリケートゾーンは他の部位と違って皮膚が薄く、下着による摩擦の影響を受け易い部分です。
強い摩擦でダメージを受けると黒ずみの原因になってしまいます。

 

圧迫がかかりやすい

摩擦と同様に下着のゴム部分などで強い圧迫を受けると黒ずみの原因になります。
ガードルや補正下着などは更に顕著で、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとることも、デリケートゾーンにとっては負担になっているのです。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れるとお肌の生まれ変わりであるターンオーバー周期が乱れ、黒ずみの原因に…。
通常なら代謝され剥がれ落ちるはずの生成されたメラニンがそのまま表皮に滞ってデリケートゾーン周りの黒ずみとなってしまうのです。

 

加齢による乾燥

30代以降は特に注意と適切なケアが必要です。
個人差もありますが、女性ホルモンの分泌が減少することからデリケートゾーン(膣周辺)が潤い不足に…。

 

 

乾燥することで余計に摩擦や圧迫の負担を受け、黒ずみが進行してしまいます。

 

乾燥肌

元々乾燥肌の女性は、デリケートゾーンのケアが特に必要といえます。
ただでさえ薄くて敏感なデリケートゾーンなので、乾燥しないよう、また黒ずみやかゆみの予防には過度の負担がかからないようにする必要があります。

 

洗いすぎ

通常の石鹸ボディソープデリケートゾーンも洗っているという女性が多いですが、これはNGです。
往々にして洗いすぎになる傾向があります。
乾燥は黒ずみの原因になるのにも関わらず、通常の石鹸は肌が乾燥しやすいのも難点といえます。
デリケートゾーンは有害な雑菌を繁殖させないために酸性に保たれているのに対して、通常の石鹸やボディソープはアルカリ性
そのアルカリ性の石鹸等でデリケートゾーンを洗ってしまうと、酸性からアルカリ性に傾いてしまいます
そうすると雑菌をやっつける能力が失われ、デリケートゾーン雑菌が繁殖しやすい環境に…

 

 

間違ったケアは黒ずみだけでなくにおい、かゆみ、その他トラブルの原因になってしまいます。

 

アンダーヘアの自己処理

アンダーヘアの自己処理が黒ずみの原因になっているケースも…。

  • カミソリで剃る(皮膚に強い負担がかかる)
  • ボディ用のワックスで脱毛する(薬剤が強力なので皮膚がダメージを受ける)
  • ハサミでカットする(毛先が尖ってしまうため、肌を傷める)

いずれの方法もデリケートゾーンは負担を受けて黒ずみの原因になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策は?

 

洗いすぎない

必要な常在菌まで洗い流してしまわないよう、デリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うようにしましょう。

 

保湿

顔や身体には化粧水や乳液、ボディクリームと手厚く保湿しているのに、デリケートゾーンは放置・・・という方は多いですが、黒ずみを予防するにはちゃんとケアが必要です。
ましてや薄くて弱い部分なので尚さら気を使ってあげないといけない部分。
かと言って顔用や身体用のスキンケア用品は、デリケートゾーンには使えません。
やはり石鹸と同様に専用のクリームを使いましょう。

 

 

保湿だけでなく黒ずみ対策のためのグリチルリチン酸プラセンタが配合されているクリームがおすすめです。

ニャンシーからアドバイス

黒ずみの予防と対策ならクリームがおすすめだわ。
それから石鹸はちゃんとデリケートゾーン用の石鹸を使うのよ。
入浴後の保湿も手抜きしちゃダメ。
保湿だけでなく美肌成分が入ったクリームでケアしてあげてね♪

 

このページの先頭へ戻る

 

デリケートゾーンのにおい

臭いの原因はズバリ「細菌」です。
細菌がデリケートゾーンに繁殖してしまうと、それが何とも言えないキツいにおいを放ちます。

 

 

ではどうしたらにおいを抑えることが出来るのでしょうか?

 

デリケートゾーンのにおいの原因は

おりもの

おりものは誰にでもあるもので、特別なことではありません。
ですが、
このおりものが時にデリケートゾーンのにおいの原因になるのでちょっと厄介者…。

 

 

ホルモン周期によってにおいや粘度が変化しますので、普段は臭いがないのに、毎月特定の例えば「排卵日前後や生理前にデリケートゾーンのにおいが強くなる…」
という女性はおりものが臭いの原因になっている可能性が高いです。

 

洗いすぎ

においが気になるからと言って躍起になってボディソープや石鹸でゴシゴシ洗ってしまう女性が居ますがそれは間違ったケア方法で絶対NG!

 

 

デリケートゾーンは有害な雑菌を繁殖させないために酸性に保たれているのに対して、通常の石鹸やボディソープはアルカリ性
そのアルカリ性の石鹸等でデリケートゾーンを洗ってしまうと、雑菌に対抗するために保っている酸性から、アルカリ性に傾いてしまいます
そうすると雑菌をやっつける能力が失われ、デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすい環境に…。
においだけでなく黒ずみかゆみの原因になってしまいます。

 

アポクリン汗腺

デリケートゾーンにはアポクリン腺という汗腺が多く分布しています。
通常の汗腺と違い脂肪やアンモニアなどを含んだ汗とフェロモンを出すのがアポクリン腺。
汗自体に粘り気が強く臭いが強いのが特徴です。
汗に含まれる脂肪やアンモニアが雑菌の餌となり、さらに繁殖してデリケートゾーンのにおいの原因になってしまいます。

 

 

恥垢(ちこう)

先述のおりものと汗、尿や皮脂が混ざると恥垢と呼ばれる垢(あか)になります。
粘土のように粘り気があって小陰唇、大陰唇のひだ部分に蓄積しやすいのがデリケートゾーンのにおいの原因です。
夕方や、入浴できなかった時などに臭いが強くなるのは恐らくこの恥垢が原因です。
入浴時に正しいケア方法できちんと除去して洗い流す必要があります。

 

体質

慢性的にデリケートゾーンの強いにおいがある場合にはすそわきが(外陰部臭症)の可能性があります。
基本的にはわきがと同じで、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗がデリケートゾーンのにおいの原因になります。
アポクリン汗腺は、主に脇、陰部、耳、へそ周辺などにあります。
ですから脇のにおいで悩んでいる方は、すそわきがも併発している可能性が高いです。

 

 

また、遺伝性の場合も多いと言われています。
臭いの原因であるアポクリン汗腺の数も遺伝するため、親がわきがの場合、子どももアポクリン汗腺の数を引き継いでいる可能性が高いからです。

 

病気

デリケートゾーンのにおいが急に強くなった、おりものの量が増えた…などという場合には病気が臭いの原因になっている可能性も…。

 

 

白い塊のおりものやかゆみがある場合には、カンジダやトリコモナス膣炎、細菌などの感染が疑われるので、婦人科を受診するようにしましょう。

 

デリケートゾーンのにおい対策

臭いの原因をまとめると、主には細菌、他にはおりもの恥垢体質ということになります。
つまり、まずは「清潔にしましょう!」ということが言えそうです。
ただし、躍起になって洗うのは逆効果。
デリケートゾーンのにおい対策には次の3つのポイントを参考にケアしてみてくださいね。

 

正しい方法でのケア

デリケートゾーンにボディソープを使ったり、ゴシゴシ洗いすぎはNG!
かと言ってお湯でさっと流すだけでは、恥垢臭いは取れません。
洗う時にはデリケートゾーン専用の石鹸で、優しく丁寧に洗いましょう。

 

 

アンダーヘアの処理

アンダーヘアが濃すぎたり長すぎたりすると、ムレて雑菌が繁殖しやすくなり、それがデリケートゾーンのにおいの原因になっているケースもあります。
ちゃんとお手入れして短くカットするだけでも臭いが軽減できたりします。
ただし、カミソリやワックスでの間違ったケアはデリケートゾーンの皮膚を傷めてしまい、黒ずみやかゆみの原因になってしまいます。

 

 

脱毛や除毛はプロに任せるか、自己処理する場合でも正しいケア方法で、専用のアイテムを使って適切に行いましょう。

 

デオドラントアイテム

ケアしててもどうにもならない臭いもあります。
夏場は特に汗も沢山かくしムレやすいし、デリケートゾーンはすそわきがやおりものなど体質的な要因も…。
まずは清潔にすることが第一ですが、スプレータイプやクリームタイプのデオドラント用品もあるので上手に活用しましょう。

ニャンシーからアドバイス

パンティライナーはマメに取り替えてね。
ケアには必ずデリケートゾーン専用の石鹸を使って!
体臭を抑える効果のあるジャムウ成分配合の石鹸がイイわ。
あと、においが心配だからってビデの使い過ぎはNG。
膣内の酸度を弱めてしまうわ。
デート前にはデオドラントスプレーもおすすめ♪

 

このページの先頭へ戻る

 

デリケートゾーン専用アイテム

いつまでも美しさを維持するためには、デリケートゾーン専用のアイテムで日々コツコツケアするのが一番です。
デリケートゾーンのケアには次のようなアイテムがあります。

 

石鹸

日本はデリケートゾーンケアに関する知識が遅れていて、アメリカでは小さい頃からデリケートゾーン用の石鹸を使うように指導されているのは当たり前といいます。
アルカリ性の石鹸や香料入りのボディソープはデリケートゾーンへの使用はNG。
必要な常在菌まで流してしまうし、刺激が強くかぶれ、カンジダ、膣炎などの原因になるからです。
入浴時には必ずデリケートゾーン用の石鹸を使うようにしましょう。

 

 

代表商品:薬用イビサソープ・ジャムウソープ

 

クリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアならクリームが圧倒的に効果的です。
美白成分や保湿成分がメラニンの生成を抑え、黒ずみの大敵である乾燥を予防してくれます。

 

代表商品:薬用イビサクリーム・ハーバルラビット

 


薬用イビサクリーム

 

軟膏

デリケートゾーンのかゆみ対策には清潔にすること、刺激を抑えることが基本ですが、かゆみがひどい場合には我慢せずに専用の軟膏を使ってケアするようにしましょう。

 

 

代表商品:フェミニーナ軟膏

 

デオドラント

デリケートゾーン用の石鹸で正しいケアを行い、パンティライナーもこまめに交換するなど清潔を心掛けていればにおいは解消できますが、汗でムレやすい夏場やここぞっていうデート前にはスプレータイプのデオドラントアイテムもおすすめです。

 

代表商品:薬用イビサデオドラント・プリンセスアンダー

 


プリンセスアンダー

 

アンダーヘア関連

アンダーケアをきちんと処理することは、デリケートゾーンの見た目が良くなるだけでなく、においやかゆみの予防にもなります。
ただし、カミソリで剃るのはデリケートゾーンの皮膚には負担が大きいのでNG。
通常のハサミでカットするのも毛先が尖って肌を傷つけてしまうのでおすすめできません。
必ずデリケートゾーン専用のアイテムを使いましょう。

 

 

代表商品:ヒートカッター・ブラジリアンワックス

 

デリケートゾーン正しいケア方法まとめ

実はかゆみ、黒ずみ、におい・・・これらのデリケートゾーンのトラブルは、意外と共通の対策方法で、予防と改善ができることが解りました。
ポイントをまとめると以下の通り

  • デリケートゾーン専用の石鹸で毎日しっかりケア
  • クリームで保湿と美肌対策を行う
  • 洗いすぎに注意
  • アンダーヘアのお手入れ
  • トラブルが発生したら早めに医薬品や専用アイテムで対応

 

刺激に弱くデリケートな部分なので、毎日しっかりケアしてあげることが大切です。

ニャンシーからアドバイス

面倒がらずにデリケートゾーン用の石鹸でケアしてね!
黒ずみ対策にはクリームがおすすめ、うるうるツヤツヤになるわヨ♪
下着のチョイスも気をつけてね。通気性があって圧迫の少ないランジェリーがいいわ。
可愛いからってサイズの合わない小さめパンティを履いてると黒ずみの原因になっちゃうわよ。
デート前にはデリケートゾーンにスプレーをシュシュッとするのは女子として最低限のマナーね。

更新履歴